コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ブラウン管テレビを返せ!

プレゼン つかみネタ帳031

【ネタもと】カリフォルニア州エネルギー委員会テレビの消費電力規制の記事
【使用場面】プレゼンの冒頭あいさつ
【言いたいこと】思い込みって怖い
【賞味期限】2013年まで

【ネタ例】
今朝の新聞、私、ドキっとしました。「省エネ型TV以外認めません」との見出し、これはいいんですが、文末に「ブラウン管テレビに比べ、一般的なサイズの液晶テレビは電力を44%余分に消費し、プラズマテレビになるとブラウン管の3.6倍」とあるじゃないですか。驚きましたねぇー。いや、私、自宅の居間にはTV置いてませんので、まぁ関係ないっちゃ、ないわけですが、TVがないのは家族からはもう大変なブーイングの嵐でして、最近、ちょっと心が揺れていたんですよね。で、液晶かなぁ、42型くらいかなぁ、なんて漠然と考えていたんですが、この記事見て、とにかくびっくりしたんです。え?液晶とかプラズマとかってエコになるんじゃないの?ブラウン管の方がましってどういうこと?

いやー、私、暇なもんで、すぐにカリフォルニア州エネルギー委員会をネットで調べました。するとありました。記事とデータが。あ、googleさんの自動翻訳なんで、読んでもさっぱり意味のわからない日本語ですが、図表はなんとなくわかる。それで確認すると

・30inch CRT 101Watts
・36inch LCD 144Watts
・48inch Plasma 361Watts

いやー、このデータがどこのメーカーの何年製の機種を比較したかわかりませんが、イメージ写真付きで比較されたこのグラフを見るとびっくりしますね。あれーーーー、自分の常識、つまり、ブラウン管は地球を汚す悪で液晶こそは正義のエコ、っていう簡単な図式がものの見事に崩れ去る。

いえ、これなんですね。今日のプレゼンで冒頭お伝えしたいことは。私たち、知らぬ間に勝手な図式を描くようになるんです。意図的であるもの、そうでないもの様々あるでしょうが、断片的断続的な一方的情報を浴び続けることで、頭の中、すっかり固定的な図式だらけになってるんですね。エコといえば液晶、エコと言えばハイブリッド。

いえ、それらが間違っているということが言いたいのではなく、そういう図式を創り上げてしまう自分たちの頭の仕組みを問題にしましょうと言っているのです。果たして本当は何を知って判断しているかということを自ら省みようということです。29型の旧式テレビを薄型だからいいやってことで50型に切り替えても、液晶だからきっと省エネに違いない、と勝手に思い込んでいる。画面サイズが2倍近くになっているのにそれでもまだ省エネのはずと無批判に思いこんでいる。ちょうど、いつも原付に乗っているのにハイブリッドだからと車に乗り換えてエコだエコだと自慢するようなもんですよ。そういう思い込みの激しい思考回路といいますか、身勝手な思考回路と言いますか、そういうことにまずは着目してみようということです。

いやー、この記事のおかげでしばらく家族からの「TV買え!」というシュプレヒコールにも耐えられそうです。いやはや、カリフォルニア州エネルギー委員会様様ですわ。

さて、余計なお話はここまでにして、プレゼン、はじめましょうか。
スポンサーサイト

テーマ : こいつは使えるぞ
ジャンル : ビジネス

このページのトップへ
コンテントヘッダー

エコカー減税で有利な方法があるってさ。

プレゼン つかみネタ帳032

【ネタもと】朝日新聞経済面記事エコカー減税抜け道
【使用場面】現状確認で「呆れて開いた口が塞がらない」というとき
【言いたいこと】詭弁と開き直りはカッコ悪い
【賞味期限】来年9月まで(エコカー減税が延長されるらしいから)

【ネタ例】
いや、別にいいんですよ。現状の問題点を根掘り葉掘り調べ上げて、責任の所在を追求しようと言うのが今回の主眼ではなく、あくまでよりよい方向を見出すために現状を確認しているだけですから。問題は問題として、良いも悪いもちゃんと認識する、そういう趣旨ですから。それにしても今回の調査結果には驚きました。「唖然」とはこのことでしょうね。

話は横道にそれますが、今朝の新聞だったでしょうか。エコカー減税で抜け道があったと。燃費が悪い車でもオプションを装着すると減税区分があがって、むしろ減税効果があがると。そういう販売が行われているという報道がありました。まぁ、これに似てますね。現状の確認ということではこのエコカーの話も良い悪いは別として、そういうところがあるんだ、という認識は重要です。この減税は環境対策ではなく経済対策だ、という評論家も多いので、そう目くじら立てる必要はありませんが、なんというか、あまり気持ちよくはないですよね。この何となく気持ちよくない、ということは忘れるべきではないと思うんです。

そこまではいい。でも、私が唖然としたのは、この行為に対してでなく、大メーカーの広報部コメントに対してなんです。世界No.1企業広報曰く「古い車から買い換えたお客様もいて、前の車に比べれば燃費が向上している」。さらに、その地位をだいぶ脅かされているとはいえ、まだまだ日本でNo.2か3の地位にある企業広報曰く「お客様にメリットがある車を薦めるのは営業として当然」。

まったく詭弁と開き直りとしかいいようがないですね。少なくとも広報のコメントとしてどうでしょうか。企業価値を擁護するどころか確実に落としていませんかね。「前の車に比べれば」なんて言いだせば、じゃあ軽自動車からの買い替えや二台目の追加ってことはないのか?と突っ込みたくなるし、メリットあれば何でもするみたいな話は、一営業マンが豪語するのは許すとしても、時代の空気感とはかなりかけ離れている感じですよね。これで、市場ニーズを反映した商品ができるのかねぇ、くらいまで思ってしまいます。思わず笑っちゃいました。

現状の問題点を探る時、こういう感覚に一番注意したいとは思っています。現状行われているのは法の範囲内だからいいんじゃないか、それでメリットを享受している人間もいるんだからいいじゃないか、というような考え方ですね。仕方ないじゃないか、いいじゃないか、そういう現状追認的な発想ですね。これをまずは疑ってかかろうと思います。いつでも、本来の趣旨に立ち戻ろうと思います。なぜか。それは、そういう目先の現状肯定があらゆる制度仕組みの中に深く巣食ってしまい、いつのまにやら思いもよらない世界を造り出してしまっていないか、という問題意識を持ちたいと思うからです。

それにそもそも、詭弁と開き直り、ってのは、カッコ悪いでしょ。もっとカッコイイ存在でいたいじゃないですか。。

テーマ : こいつは使えるぞ
ジャンル : ビジネス

このページのトップへ
コンテントヘッダー

ピンハネ法人に愛ある撤退を

プレゼン つかみネタ帳033

【ネタもと】片山善博教授「(公法や独法を)ピンハネ法人と呼ぼう」と提案
【使用場面】価値観を逆転させる提案をする際に
【言いたいこと】狭い日本、そんなに対立を煽ってどうすんの?
【賞味期限】のどもと過ぎて熱さ忘れない限り

【ネタ例】
えー、ここまでのご提案について、何かご質問ございますでしょうか。おいおいそこまで、というような内容であったかもしれませんが、この徹底ぶりも、現状打破に強い危機感をお持ちの皆様であれば、きっとご承認いただけるのではないかと確信を持ってご提案させていただきました。

現状打破に対する危機感、ということで言いますと、ここ数日間の事業仕分けの議論は大変参考になるんではないかと思っております。もちろん、キャッキャキャッキャと甲高い声は耳につきますし、衆人監視のもとで公開処刑のような荒っぽさを感じないわけではないですが、こっそりひっそり既得権擁護の仕組みを幾重にも巡らせてきたお利口さんたちをやりこめるのは、この程度は仕方ないのかな、とも思われます。

それにしても、片山さん、えーっと前はどこかの知事さんですよね。今は大学の先生のようですが、この方が「独立行政法人や公益法人はピンハネ法人と呼ぼう」と真面目な顔してご提案されたとか。いやー、そこまで言うか、ですね。これはちょっとどうですかね。周囲の方が反対されて公式には採用されなかったようですが、非公式にしても発言の根っこにある恨み骨髄は相当なもんなんでしょうね。ピンハネですよ、ピンハネ。天下の公組織を「ピンハネ」呼ばわりですからね。辞書によるとピンハネとは「他人の手に渡るべき金銭などの一部をとって自分のものとすること」「うわまえをはねること」ですよ。そこまで追い詰めた表現を公式に定着させて、一体誰と誰を分断しようというんでしょうかねぇ。

君んちのおとーさん、どこに勤めてるんだっけ?あーぁ、あのピンハネ法人ね

そういう会話が小学生の間で流行ることまでお考えだったんでしょうか。メガネをかけておとなしそうな優等生が悪ガキともからバカにされる姿が目に浮かぶ。するとその少年は「今にみてろよ」とこぶしを固く握りしめて将来、国家公務員になってこいつらをぎゃふんといわせるぞ、って決心する。

いやー、恐ろしいですねぇ。大人社会の対立の構図は子どもたちにも敏感に反映し、それは拡大再生産される。そのうち、この国をフォッサマグナの東西で分かち、別の国にしてしまおうという魂胆でしょうか。

そうなんです。もちろん、現状打破には強い危機意識が必要で、私は「あっさりばっさり」が基本スタンス、というところまでは賛同しますが、何かあまりに反社会的というか、キャッチコピー的というか、対立を扇動するかのようなネーミングはやっぱり変だと思います。社会の全ては自分の体を構成する何らかの一部なんですよね。良いも悪いも一旦受け止めるしかない。日本には、何となく対立軸を曖昧にしてしまうとても便利な知恵があったはずなんですが、最近は非常に単純な対立軸で物事をばっさりやってしまおうという傾向が強すぎますね。なんか雲行きが怪しい。

ですから、このプレゼンでもかなり強い調子で現状についての論評を行っていますが、それは「ピンハネ」だとか「やらずぼったくり」だとか、そういう括りはしませんので。まぁあえていうなれば「前平成期的遺物」とでも言っておきますかね。それもわかりにくいか。。

テーマ : こいつは使えるぞ
ジャンル : ビジネス

このページのトップへ
コンテントヘッダー

暫定税と言わず「ピンハネ税」と「目こぼし税」と呼ぶようにby片山センセー

プレゼン つかみネタ帳034

【ネタもと】菅直人副総理「暫定税率廃止は環境税導入と一体もあり」と発言
【使用場面】訳がわからないほど混乱している状況を目の当たりにした時
【言いたいこと】暫定は暫定でしょ。
【賞味期限】暫定と名のついた税が全て廃止されるまで

【ネタ例】
混乱してますね、この問題。一体どこから手をつければいいかわからない、ええい、もう放っておこう、そんな気になりますね。ここまで縺れた糸を解すのは並大抵なことではありません。全体像の把握にはもう少しお時間を頂戴できればと考えております。今日はその第一弾ということでご了承ください。

この混乱ぶりは大げさでなく日本の税制を彷彿とさせますね。お偉いセンセーたちが屋上屋を重ねられたことだけのことはある。こんな見事な不安定構造物がゆらゆら揺れながらも戦後を支えてきたんですから、ある意味、脱帽です。ご苦労様でした、ってなもんです。

でも、やっぱりどうしても解せないのが「暫定」というネーミングを放置してしまっていた、ということでしょうか。面倒くさい話、持ち出すときっとギャーギャー言われるに違いないと言う話は、手をつけず後回しにしておこう、実態が保てるのならそれでいいや、っていう、まぁ昭和的全方位発想と言いますか、そんな先達の浅からぬ知恵を見るようですね。

結果的にはこの暫定が続くことで物事が見えにくくなる、暫定徴収しているものはいずれやめるべき、暫定免除しているものはいずれ追徴、これ、当たり前なんですが、もう既成事実というか実態が積み上がっていてどうにもこうにも訳わかんない、っていう感じですかね。

だったら、片山善博センセー、「独法はピンハネ法人と呼べ」と提唱された、あの勇気あるセンセーに倣って、下々に解りやすい言葉で表現してみたらどうでしょう。一度「ピンハネ税」と「目こぼし税」とネーミングして、関係各位にどんな受け止め方になるか感想を聞いてみましょうよ。

例えば、ガソリンのピンハネ税を環境対策に回すとします。回された方はなんかいやーな感じですよね。このお金はピンハネかぁ、とじっとそのお金を見つめる。使いずらいでしょうねー、そのお金。環境のためにいいことやるのになんか後ろめたい。だったら、やっぱり「環境税」として正面切って徴収したお金にしよう、ということになりませんか?

逆に、関連目こぼし税が当たり前になっている特定の業界。この業界の方々に、いいですねーいつまでも目こぼしが続いて、とか言ってみたらどうでしょう。それも気分悪いですよね。日頃コストダウンに血道をあげている苦労を「目こぼし税」で括るな、と反論したくなりませんか?もういらない、こんな目こぼし、ということになる。

「暫定」は「暫定」でなきゃおかしい。今は仮に徴収するけど(しないけど)、いついつをもってきっぱり終了、必要なら恒久化する、これ天下の正道ですよ。そういうことでガソリンの暫定税率が廃止されて結果的に高額な環境税が導入されるとしても、そのこと自体にはなんら異論ないはずですよ。まぁ税金ですからね、あんまり喜んでもらってください、というもんじゃないですけどね。

税の話は管さんたちにお任せするとして、社内にも、こういうへんてこりんな言葉で実態を見えにくくしているルールが残っていないか、今、しっかり調査してますから、次回、いや、次次回あたりのプレゼンをどうかご期待ください。それでは、今日のプレゼンは暫定、ということで。。

テーマ : こいつは使えるぞ
ジャンル : ビジネス

このページのトップへ
コンテントヘッダー

オメガさん、それじゃチャン・ツィイーがあまりに可哀そうだ。

プレゼン つかみネタ帳035

【ネタもと】オメガ全面広告「チャン・ツィイー」編
【使用場面】評価結果にバラつきが発生したデータの説明をするとき
【言いたいこと】観る角度によって評価は変わるものです
【賞味期限】オメガの全面広告有名人シリーズが終わるまで

【ネタ例】
はい、それでは次の項目。あっ、これですね。これは賛成と反対、継続と廃止が真っ向から意見が対立しておりまして、ちょっと判断に迷うのですが、いただいているコメントをじっくり読んでみると、どうも視点が違っているんですね。これは設問に問題があったかもしれません。

同じものを観ても、観る角度によって天と地ほどの差がでることっておおいにあります。

またまたヘンテコな例を持ち出して恐縮ですが、最近、オメガさんが新聞の全面広告を出してらっしゃいますよね。そうです、あのシューマッハーなんかが登場しているやつです。最初はインパクトありましたねぇ。とてもいい広告ですね、あれ。オメガさんも喜ぶでしょうが登場している人物たちのイメージ戦略にもなるしお互いハッピーなんじゃないでしょうか。

ところが、最近出た「チャン・ツィイー」さん。私、実は大ファンなんですよ。「アジエンス」といえば「チャン・ツィイー」。アジアンビューティーという言葉は、この人のためにある、と断言しますね。

で、私、新聞をマジマジと眺めました。美しい、完璧だ、ビューティフル、ワンダフル、ってなもんです。さすが、オメガだけに、お目が高い、なーんちゃって。

で、さんざん眺めて、さて、と新聞を半分に折って、ポイとテーブルに投げ出したんです。チャン・ツィイーさんを山折にして…

それが失敗のもとでした…チャンさんを表にしては不味かった。しかも、ポイと投げたのも良くなかった。今更後悔しても仕方ありませんが…

折り目がチャンさんの鼻と口の間くらいにあったんです。

山折になった新聞…、そう、私はそれをチャンさんを口元から見上げるような形になってしまったんです。歪にゆがんだチャンさんの顔…

「どこのブスだ…」

いや、そんなはずはない、あの完成された美が、こんな些細なことで、こんなちょっと視点を変えただけで、ちょっとしたはずみで、醜の極みになるはずがない…

私は慌てて新聞を手にしました。それも良くなかった…

あれこれ新聞を折り曲げていると、チャンさんの顔、もう信じられないぐらい、本当によくできたおもちゃみたいにゆがむんです。美醜を兼ね備えていると言いますか、天国と地獄といいますか…

そうなんです。あの完成されたアジアンビューティーだって、ちょっと視点をずらすととんでもないことになるんです。もちろん、平面上での話ですよ。本物は絶対そんなことはありません。ご安心ください。

ということです。ですから、視点を変えればそれこそ真反対の結論だって出てしまう、という教訓です。

あっ、これ絶対にお手元の新聞で確かめたりしないでくださいよ。名誉棄損でチャンさんに訴えられても、私は知りませんよ。私は、チャン・ツィイーさんの大ファンですからね。言っときますよ。。

テーマ : こいつは使えるぞ
ジャンル : ビジネス

このページのトップへ
コンテントヘッダー

生物多様性とはまた大きく出ましたね、近江商人末裔の滋賀銀行さん

プレゼン つかみネタ帳036

【ネタもと】朝日新聞の2記事「滋賀銀金利優遇」「沖縄大浦湾で甲殻類新種39種発見」
【使用場面】気宇壮大な計画案をプレゼンする際
【言いたいこと】地方の時代でもプランは宇宙的規模で
【賞味期限】とりあえずCOP10まで

【ネタ例】
以上、プレゼン骨子は「地方の時代であっても事業プランは宇宙的規模で」というコンセプトで策定いたしました。あとは、資金調達をどうするか、という点に絞られます。

そうそう、こういう宇宙的規模での計画には滋賀銀行さんが熱心に聴いてくれるかもしれませんね。なにしろ「生物多様性で優遇金利」を掲げるほどのスケールですから。重箱の隅を突くような、担保担保と大騒ぎするようなチンケな銀行さんと違いますから、是非相談してみてください。あれ?支店がない?大丈夫でしょ、心意気ですよ心意気。なんならびわこ銀行さんでもいいですよ。同じ日に「エコ・ファースト認定」されていらっしゃいますから。ちょうど沖縄でエビ・カニの新種が39種類も見つかったという記事も出ておりましたから、よっしゃ、この新種のエビ・カニのために毎朝海岸を清掃するぞ、とか実行すれば融資条件もまたさらに優遇されますよ、きっと。

まぁ、冗談はさておき、私がとても感動したのは、グローバリゼーションだとか何だとか、お題目の多い大銀行さんではない、いち地方銀行が「生物多様性」とかを大上段から振りかざす、その勇気というか、そういうことが大好きなんです。世界規模の話なんか、そりゃ政治とグローバル企業の話でしょ、と言わない、自分の範疇でもそういう連関で発想する。そりゃ、ちょっと気恥ずかしい感じもしますが、これでいいんです。地方自治とか地域主義というと、どうもスケールを身の回りの小じんまりしたことにしてしまいがちですが、そうではないんですね。足場はこの地にあるが心意気は全宇宙にひろげる。こういうことなんだと思うんですよね。

この発想がどこから来てるんでしょうね。やっぱり琵琶湖の湖水汚染や外来魚の異常繁殖で足元の自然環境が劇的に変わり始めていて、さすがにもう黙っていられないということなんでしょうか。それとも、近江商人の血が変革期にはふつふつと煮えたぎるんでしょうか。

いずれにしても、この事業計画に賛同してくれるバンカーさんはきっとあります。そう信じてトライしましょう。。

テーマ : こいつは使えるぞ
ジャンル : ビジネス

このページのトップへ
コンテントヘッダー

スパコンだって聖域にあらず

プレゼン つかみネタ帳037

【ネタもと】教育科学技術系予算もばっさり、に対してノーベル賞受賞者まで反対声明
【使用場面】研究開発部門にも何らかの影響を与える組織関連プレゼン
【言いたいこと】日本人はホント権威に弱いからなぁ
【賞味期限】とりあえず来年度予算まででしょうねぇ

【ネタ例】
はいはい、わかりました。R&D部門の皆さんのご意見、会社の行く末に対する深い思いについては、十二分に理解いたしましたので、もう一度私どもの説明もじっくりお聞きください。

将来に対する投資については別枠で考えろ、米百俵の精神、基礎研究は一見無駄と思われる研究の地道な積み重ね、それらすべてご尤もでございます。将来をないがしろにした今などあり得ない、未来への冒涜、次世代への責任放棄、まさしく、正しい言葉でございます。真摯に承っております。

しかしながら、何度も申しますが聖域化は絶対にあり得ません。R&D部門管掌役員の皆様も一般管理費など、未来への投資とは言い難い部分はないかについては絶対に見直していただきたいと思っております。問題は聖域化すること、ざっくりと過去の検証なく既得化させないこと、これについては異論の余地なし、と考えております。

先般から教育界、科学界の重鎮がまさにどやどや、と言う感じで事業仕分けの結果について異論反論オブジェクション状態ですが、これもどうなんですかね。権威者が揃って圧倒的な圧力をかけ、聖域化しようというふうにしか見えない。お偉いセンセーたちですから、稚拙な議論を諭すくらいの余裕ある意見提示ならわかりますが、まるで電車の中でスリにあったオヤジが、わーわー騒いでる感じです。権威ある方がちょっと話をするだけで、車内でのスリ防止策が甘かったJRに責任がある、って感じでいつの間にやらセンセーたちの方が絶対正しいってな印象になってくる。

正論なんです。科学技術系の将来に対する投資部分、大学教育に対する未来への投資部分、これについては誰も反対しようがない。スパコンが二位でもいいといった?そういう言葉尻を捕まえるのはホント日夜微細な研究に没頭される方々しかできませんよ、いいじゃないですか、素人のざっくりした発言なんか。

ですから、将来に対する布石の部分はいいんです。でも、本当に一般管理費になんとなくこれまでもそうやってきた、ということはないですか、ということです。研究開発だからどーせ財務管理系の人間には解らないだろうから黙ってろ、ってところはないのか、ということです。無駄は絶対にあります。断言していいです。そもそも、そういう細かいことは面倒だとおっしゃってきたのは皆さんじゃないですか。そこにメスを入れさせていただくと言うことです。

もうひとつよろしいですか?皆さん。皆さんはご自身が権威者であることをお忘れになっていませんか?ご自身の発言がどれほどこの国、この会社の人々の意見を抹殺する圧力があるかということを忘れてはいらっしゃいませんか?権威者に弱いんです、この国もこの会社も。大学の学長が9人も並んだら、ノーベル賞学者が4人も並んだら、そりゃ普通の人には反論しにくいですよ。だいいち、反論しようとすると皆さんは「知りもしない素人が!」ってな感じなんですよ。こわいこわい。昔からこの国の人々は、先生と名のつく人に叱られると、まるで人格を否定されたか、と思うぐらいに落ち込みますからね。

で、もっと悪いのが、センセーたちの発言に勇気づけられて、これまでの仕分け作業がなし崩しになる危険性があるということです。あの立派な先生たちがおっしゃるんだ、事業仕分けそのものがおかしいんじゃないか、てな話です。この手の便乗が出やすいのもご承知ですよね。

この国は極に振れやすい。片方で声なきJALOBをさんざん叩いておいて、今度は権威者の意見にまるっきり飲み込まれる。簡単に極論に振れる。そんなことがあっていいんですか?教育者としてどうなんですかねぇ。

あー、すいません、すっかりR&D部門のことから離れてしまいました。でも根っこは同じではないでしょうか。未来に対する投資は必要。諸外国と比べても劣後している、競合他社の後塵を拝している、これはわかりました。ですが、その投資を支える仕組みについては、ぜひ、再考してください。ぜひ、新しい仕組みを一緒に造り上げてください。お願いします。

テーマ : こいつは使えるぞ
ジャンル : ビジネス

このページのトップへ
コンテントヘッダー

年末恒例ヒット商品番付。こんなものいらない。

プレゼン つかみネタ帳038

【ネタもと】SMBCコンサルティング「09年ヒット商品番付」
【使用場面】シェアランキングなどを確認する場面で
【言いたいこと】番付?何か特別な意味でもあるんですか?
【賞味期限】2009年12月31日

【ネタ例】
えー、調査によりますと、現在、この分野における貴社のマーケットシェアは7.8%。三位グループは熾烈な争いになっております。第三位グルプが熾烈な争いだ、そのことだけご記憶ください。念のため申し上げますが、くれぐれも一位、二位を抜いてやろうなどとは思われないように。

こういうマーケットシェアを確認しておりますと、そろそろ年末ですから、今年のヒット商品ランキング、とか、そういう順位付けのことも気になってきますね。マーケットシェア、販売ランキング、こういったものはあくまで相対的なポジションの確認程度のことであって、その商品が潜在的にもつ市場規模、市場の将来性、収益性といったことの方に本来的な意味があるのだろうと思いますが、どうも私たち日本人には、上から順番に順位付けするのが好きですよね。

で、順位付けはいいとしても、あの商品番付、というわざわざ国技たる相撲の番付を持ち出して、横綱、大関、とかいうのは、あれはどうなんですかねぇ。相撲の格付けのように、横綱と大関とでは雲泥の差があるとか、横綱にはランク落ちはなく、その時が来たらすなわち引退であるのかとか、大関は1回だけなら負け越しにあたる販売不振も認めてるとか、そういう意味が含まれてるんでしょうか。

いや、そんなことより、横綱は横綱審議会みたいなえらーい方々が、「品格」とかいうあるようなないような、ちょっとわかりにくい価値を満たさないと横綱にはなれない、ということまで織り込んであるんでしょうか。単に売上高だとか、そういう単純な物差しだけで図っているんだったら「番付」なんて言わず、ランキング、でいいですよね。単純に一位、二位、三位と序列づけすればいい。

でも、そうできないですよね。そもそも較べようのないものをランキングしているんですから。

そういう較べようのないモノを比較して序列を設定するために相撲の番付を持ち出しているとするなら、これは国技に対する侮辱です。朝青龍と白鵬にガツンとやってもらいましょう。

そもそも、ランキングとか番付とかには目くらましなところがあって、横綱とか第一位とか言われるとそれだけで安心してしまうところがある。パイ全体が縮小するマーケットでいつまでも一位だと喜んでいてはいけません。その市場からはさっさと先に撤退してた他社に、有望な隣接市場で圧倒的な差をつけられていた、なんて笑い話にもなりませんから。だから、こういう番付とかランキングみたいなものは、ほどほどに、余興のひとつ、くらいにお考えになっていればいいと思います。

余計な話はこのくらいにして、次は最も大切な隣接市場のマーケットシェアを確認します。こちら、衝撃的ですから、よーくご注目ください。

テーマ : こいつは使えるぞ
ジャンル : ビジネス

このページのトップへ
コンテントヘッダー

さすが富士フィルムさん、メタバリアの広告からは目が離せない。でも…

プレゼン つかみネタ帳039

【ネタもと】新作?メタバリア「ポッコリもポッチャリも怖くありません」CM
【使用場面】ブランドイメージを確立するためのプレゼン
【言いたいこと】何をやっても意外さで観られる、って凄い
【賞味期限】メタバリアの新聞広告がカラー写真になる日まで

【ネタ例】
皆さん、皆さん、ご覧になってますよね、今朝の「メタバリア」の新聞広告!あれ、まだなら今すぐ朝日新聞13版37ページを…、ほら溝口クン、皆さんにお持ちして。

どうですか。もう完全なやり口に声が出ませんねぇー。さすが!富士フィルムさん。正しくは「株式会社富士フィルムヘルスケアラボラトリー」さん!社長さんは井上京一さんといいます。プロフィールですか?…知りません。

今度は正面向きましたねぇ。4人の「後ろ姿美人」のおひとりなんだろうか、どの背中がこうなんたんだろうか、意外に素人っぽくていいなぁ、エプロン姿が、まさに「日常」そのものでいい、いやぁ~、いい!

前回のCMはこの前のプレゼンでコメントしましたが、やっぱりちょっとルール違反だったんです。私、心配していたんです。あれ、世の多くの女性を敵に回さなきゃいいけどなぁ、私はとても好きだったけど、中年のエロオヤジたちはきっと拍手喝采してるだろうけど、主たる販売ターゲットである奥様たちの逆鱗に触れてなきゃいいなぁ~、と、ホント、心配してたんです。
※前回の広告についてはこんなコメント残してます。
http://endeza.blog61.fc2.com/blog-entry-121.html

そしたら、やってくれましたよ。さすが、富士フィルムさんのCMは世の中に蔓延するシャレとかオヤジギャグとか、マイナーな趣味でほくそ笑む連中の気持ちがわかる人たちですねぇー。今回のCMでは完全なる方向転換、180度の転換です。お見事。「もう私をメタババアとは言わせない」と鼻息を荒くしていた妻がニッコリほほ笑む姿が目に浮かぶようです。

それにしても富士フィルムさんって、やっぱ広告宣伝がうますぎますね。かなり私たち購買層をおちょくってる。でも、最後にくそっ~、って笑いながら許せるところがあるんです。ヘヘェッと笑ってすませるような茶目っ気がある。

でも、これは多分、血の滲むような葛藤の賜物でしょ。今だから富士さんは何をやっても許されるところがあるけど、最初は大変だったと思いますよ。「こんなに消費者を小バカにしたことしていいのか」とか「商品のことがちゃんと伝わらない」とか、それこそ「異論反論オブジェクション」状態だったと思います。それを乗り越えたからこそのブランド確立なんですね。なんか、富士フィルムさんはきっと私たちの味方に違いない、修学旅行で女子風呂を覗いて写真を撮っても笑って済ましてくれるに違いない、なんて勘違いする信者を輩出するほどのブランドになった…

だから、このメタバリア広告の豹変ぶりも、「きっと次があるぞ、これは一種の目くらましだ」と思わせる。ワクワクさせる。メタバリア買っとかないと、この続きが観られないと損をする、くらいにファンは勝手に盛り上がる。

そうです。これがイメージ戦略です。ここまで無意識の行為を誘導できるところまで目指さないと意味がありません。カッコイイ?憧れる?ケッ、そんなもの何の意味もない!ブランド戦略はそんなレベルで動いてるんじゃありません。もはや心理戦、洗脳戦そのものなのです。

さぁ、皆さん、今夜の奥さんへのお土産は「メタバリア」にして、もう少し会議頑張りましょうか。

あー、さっきのメタバリア、次はきっとカラーでめっちゃ楽しませてくれると思いますよ。第一、富士フィルムさんがいつまでも白黒でボチボチ宣伝してるなんて、なんか、変でしょ~~~。。

テーマ : こいつは使えるぞ
ジャンル : ビジネス

このページのトップへ
コンテントヘッダー

航空機搭乗前には、この手荷物がどれほど大切かプレゼンしよう

プレゼン つかみネタ帳040

【ネタもと】航空機国内線機内持ち込み荷物のサイズ規制厳格化
【使用場面】例外的規定を設けるかどうか、について触れる時
【言いたいこと】効率と規則だけが優先する息苦しい社会を乗り切ろう
【賞味期限】12月1日まで

【ネタ例】
えー、それでは皆様方満場一致のご承認ということでこの例外的規定をこの本規則に盛り込ませていただくと言うことでよろしいでしょうか。はい、ありがとうございます。お集まりの皆様方の寛容なる精神は当社の、いや、もはや日本国の宝です。心よりの敬意を捧げたいと思います。皆様本当にお疲れさまでした。

あー、これで散会となりますが、このあと航空機で各地にご帰任になる皆様は、本日より機内持ち込み手荷物のサイズが厳格に制限されておりますので、くれぐれもご注意ください。あっ、緒方部長、それは長さが60cmを超えてますから持ち込みできないと思いますよ。え?来る時には大丈夫だった?ええ、ですから今日、12月1日から厳格にダメということですから、ご注意ください。そうご不満な顔をされても…

ご不満なのは部長だけではないようです。音楽家の皆さんなども大変ご立腹のようで、「欧米ではもっと芸術文化に理解があるのに、日本はケシカラン」みたいな意見まであるようですから、部長もカウンターでお得意の日本文化論などお話しになったらどうでしょうか。お目こぼしもあるかもしれません。

しかし、窮屈ですね、最近の社会は。確かに、羽田で搭乗待ちしていると、今やってきたばかりの航空機を慌ただしく機内清掃し、30分程度で折り返し運行させたりしてますからねぇ。まるで上野駅で高崎線の折り返し運転を待ってるようなもんです。エアポートに非日常で優雅な空間を期待することが間違ってるんでしょうかね。全てが効率、それを支えるための規律優先で仕切られた味気なさを感じます。

いや、もちろん、まるで山手線に飛び乗るかのように搭乗時間間際にやってきて、サイズ外の大型手荷物を無理やり押し込もうとする不埒な客が問題なんです。が、だからといって、なにもかもを一律厳格に、例外なくっていうのも、音楽家の皆さんじゃないですがどうも余裕がなさすぎる。例えば、搭乗の何時間も前にやってきて、なぜそれが持ち込みでなければならないのか、ときちんと説明ができて、席もあらかじめ最後列とかを遠慮しながら予約しておくとか、降りるときは全員が降りるまでじっと席で待つとか、そういう大人の配慮があれば、本当は認めてもいいんだろうと思いませんか?それをある基準で問答無用のマニュアル化で対応しようとする。ちゃんとした理由とちゃんとした大人の行動にはそれなりの配慮をする、それでいいじゃないですか。それ以上、何を決めると言うんですか?

あー、すいません。ついつい熱くなっちゃいました。いや、私も何度も航空機の手荷物では不愉快な思いをしてましてね。ええ加減にせーよ、このくそオバン!とかはらわた煮えくりかえしていることが多いんで、本当は「手荷物一切禁止」くらいの強硬路線でもちーっともかまわないくらいなんですが、やっぱりそれは生きづらい。

それにしても驚きました。年間何千件も手荷物トラブルで離陸が遅れるなんて。

あー、ですから緒方部長、空港のカウンターで大声で文句言わないようにお願いしますよ。カウンターの綺麗なおねーさんは、部長のクレームにだってニコニコ対応してくれますが、きっと心の中では「旅割のくせに嫌なオヤジ!」と、はらわた煮えくりかえってますから。くれぐれも当社の品位を落とすことのなきよう、お願いいたしますね。。

テーマ : こいつは使えるぞ
ジャンル : ビジネス

このページのトップへ
このページのトップへ
リンク
プロフィール

エンデーザ

Author:エンデーザ

エンディングデザイン(エンデザ)社はあなたの歴史を形にする事、自分自身を表現することをお手伝いします。
社内外プレゼンコンペ、面接プレゼンなどでお悩みなら、ちょっとしたヒントがここにあるかも?


検索エンジンヒット中の記事

最後は正義だ!
エコカー減税の抜け道なんてカッコ悪いっしょ
新国立劇場讃歌
ヴォツェック
朝刊全面広告の美:チャン・ツィイーと小雪
深遠なる美:チャン・ツィイー
小雪の背中
ペット大好き
マイクロミニピッグの受難
木村カエラ大好き
言葉はさんかくこころは四角
今話題のJAL
★JALOB包囲網
★JAL再建のシナリオを描いたのは誰だ
★ナショナル・フラッグ・キャリアが待機児童対策に本腰、とかね
懐かしい食卓の風景
丸美屋の三色ふりかけ
ある文化論?
タモリは重松清が嫌い?
映画「風が強く吹いている」
和久井映見を探せ!
最近、やたら連発されるいやーな言葉
一丁目一番地の見える化
NEC矢野社長、すいません
NEC本社に夜討ち朝駆けが始まった

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。