コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今朝の新聞、読みました?

プレゼン つかみネタ帳013

【ネタもと】特別に驚くことのない月曜朝刊を眺めながら
【使用場面】ちょっと出来が地味だなと思ったプレゼンのラストで
【言いたいこと】結構うまくできてるからじっくり読んでちょうだいね
【賞味期限】世の中から新聞が消えるまで

【ネタ例】
ネットの普及によって新聞が苦戦しているらしいですね。私の周囲でもネットとTVでニュースはほぼ把握できるから新聞はやめちゃった、という連中がいます。最近は朝の通勤電車の中で新聞をこう几帳面に折りたたんで読んでる姿も心なしか減ってませんか?そのうち、そういう姿も見られなくなるんでしょうか。

でも、新聞って、なかなかしたたかな世論操作の道具だなぁ、と思うんです。やっぱりなくならないだろうと思う。人の潜在意識への潜り込み方がとてもうまくできていると思うんです。

私たちは無意識に新聞報道は事件事故の客観的な事実が羅列してあるものと思い込んでいるところがありますが、これ、全くの誤解ですね。そもそも、客観的に物事を伝えるということなどほとんど不可能です。だって、物事はそれを見ているAさん、Bさんの視点、視座からしか見えないのだし、それを伝える時にも、無意識にそれぞれの価値判断を加えながら記事にしている。怒りや悲しみみたいなものは文面に潜り込むんですね。

さらに、新聞というやつが強かなのは、それを日をおいて繰り返し別の視点からの記事を特集したりするんですね。さらに、専門家の登場。この専門家というのがとても厄介なんですが、そういう「他人の口」を借りて自らの意見を強化する。これ、とても危ない話ですよね。よほどの自制心がなければ語らせる人選は恣意的あるいは無意識に偏るってことが起こりますから。

さらに加えて、「読者投稿」というものがあるでしょ。一般の人たちもこう言ってますよ、というやつですね。これ、投稿者はいつのまにか読者代表になっていて、「意見の一般化」が図られている。いや、新聞社が意図的にそうしている、とは言いませんが、読んでいる方が無意識にそう受け取る。あぁ、やっぱり一般的にそうなんだ、とか、あれ、世の中は自分とは違った感覚で受け止めてるから自分が軌道修正しなきゃ、みたいなことですね。

一見、てんでばらばらに見える新聞記事ですが、実は時間の流れと紙面構成で巧みに意見の集約を図ることのできる、優れた道具であることがわかる。複眼的で重層的に意見集約できる道具、といえばいいでしょうか。なかなか世の中にこれに変わる仕組みがない。

で、本日のプレゼンの最後にこのお話しをさせていただいたのは、プレゼンというものはこのような仕組みとは対極にある、残念ながら、ということなんです。どうしても一発勝負の印象で全体が決まってしまうところがある。単眼的なんですね。

そこで、私たちとしては瞬間芸、一発芸のようなプレゼンを排除して、できるだけ意見が積み上がるプロセスを大切にして今回のプレゼンを構成してみました。派手さもなく、どこに主張があるのかわかりにくいものだったかもしれません。ですがぜひ、皆様がそれぞれのフロアにお帰りになって、ゆっくり全体をご一読ください。あたかも一週間分の新聞を読むかのように、じわりと主義主張が伝わるように配慮させていただいています。再読いただけたら幸せでございます。
スポンサーサイト

テーマ : こいつは使えるぞ
ジャンル : ビジネス

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
リンク
プロフィール

エンデーザ

Author:エンデーザ

エンディングデザイン(エンデザ)社はあなたの歴史を形にする事、自分自身を表現することをお手伝いします。
社内外プレゼンコンペ、面接プレゼンなどでお悩みなら、ちょっとしたヒントがここにあるかも?


検索エンジンヒット中の記事

最後は正義だ!
エコカー減税の抜け道なんてカッコ悪いっしょ
新国立劇場讃歌
ヴォツェック
朝刊全面広告の美:チャン・ツィイーと小雪
深遠なる美:チャン・ツィイー
小雪の背中
ペット大好き
マイクロミニピッグの受難
木村カエラ大好き
言葉はさんかくこころは四角
今話題のJAL
★JALOB包囲網
★JAL再建のシナリオを描いたのは誰だ
★ナショナル・フラッグ・キャリアが待機児童対策に本腰、とかね
懐かしい食卓の風景
丸美屋の三色ふりかけ
ある文化論?
タモリは重松清が嫌い?
映画「風が強く吹いている」
和久井映見を探せ!
最近、やたら連発されるいやーな言葉
一丁目一番地の見える化
NEC矢野社長、すいません
NEC本社に夜討ち朝駆けが始まった

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。