コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

どこぞの変な学者や評論家が使うから「グローバルスタンダード」は定着しない

プレゼン つかみネタ帳029

【ネタもと】朝日新聞朝刊「ニュースがわからん!」世界の地デジ普及状況記事
【使用場面】図表を用いた説明のあとで
【言いたいこと】腑に落ちる説明ってこういうことですかね
【賞味期限】中国とインドの地デジがどうなるか決まるまで

【ネタ例】
こちらの図表にこれまでの説明を概括的にまとめておりますのでご覧ください。世界市場における本プログラムの採用動向はこのようになっております。お解りいただけましたでしょうか。

私ども、マーケットシェアや占有率を示す場合には必ずこのような世界地図、日本地図、地域地図に色分けしたものを使うようにいたしました。単なるグラフだけでご説明しないということにしたんです。

それはある新聞記事がきっかけだったんですね。ある新聞に「地デジの日本方式、普及するかな」という説明記事だったんですが、そこに日本方式、欧州方式、米国方式の採用国が色分けされた世界地図が載っていたんですね。で、その記事を読みながら、私、初めて「あぁ、これがいわゆるグローバルスタンダードだ」と腑に落ちたんです。

これまでグローバルスタンダード、というと外国から押しつけられる、やむを得ず従わなければならない規則、ルールみたいなもので、なんでそんなアングロサクソン流儀に日本が一方的に従わなきゃなんないんだ?とどうも納得いってなかったんですね。まぁ、グローバルスタンダードって言葉を使う有名人の皆さんが、やたら横文字を連発するのにも生理的な不快感があったということがありますが、どうも腑に落ちない。ただただ一方的に従え、従わないのは遅れている、頭がおかしい、守旧派、まぁさんざんな扱いです。でも、それを採用することが一体誰の何のための利益になるかさっぱりわからん、という状態だったのです。

ところがこの記事は見事に「グローバルスタンダード」を語っているんですね。一言も「グローバルスタンダード」と言っていないのに「世界標準は日本国民の国益だ」と確信させるんですね。なぜか。簡単です。日本と同じ色に染まった国にどこがあるか、まだ埋まっていない中国やインドとロシア、いわゆるBricsですか、そういうところが他の色に雪崩を打ったらどうなるか、ってことが一目瞭然だからです。これを棒グラフや円グラフで示して「グローバルスタンダード」と連呼されてもたぶんピンとこない。

この地図をみながら、日本国では少子高齢化がすすみ、市場としては魅力のないものになりつつある、というようなことがちらと説明されるだけで、おいおい、こりゃ世界標準にて市場を国外にも求めておかないと、開発コストは回収できないぞ、とか、国内市場だけで収益を計算されると、とても割高なコストを押し付けられることにならないか、などと勝手に考え始めるんです。放っておいても「グローバルスタンダードは国益なり」と言うようになるんです。

そうなんですね。だから、私たちは横文字を連発して変にアレルギーを持たれるよりは図を多用しようという方針にしたんです。ちょっと作業は面倒ですが。

話は飛びますが、携帯電話市場のことなどもこの世界地図を使って説明されたら、グローバルスタンダードを無視するとどういう結果になるかということがすぐわかったと思うんです。あー、こんなに特殊な市場にしちゃったら、あれだけのショートサイクルで買い替えニーズを促進したくなるはずだ、とか、いつまでも割高なはずだ、ということがすーぐバレバレだったと思いますけどね。

よろしいでしょうか。では、次の世界地図にまいります。。
スポンサーサイト

テーマ : こいつは使えるぞ
ジャンル : ビジネス

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
リンク
プロフィール

エンデーザ

Author:エンデーザ

エンディングデザイン(エンデザ)社はあなたの歴史を形にする事、自分自身を表現することをお手伝いします。
社内外プレゼンコンペ、面接プレゼンなどでお悩みなら、ちょっとしたヒントがここにあるかも?


検索エンジンヒット中の記事

最後は正義だ!
エコカー減税の抜け道なんてカッコ悪いっしょ
新国立劇場讃歌
ヴォツェック
朝刊全面広告の美:チャン・ツィイーと小雪
深遠なる美:チャン・ツィイー
小雪の背中
ペット大好き
マイクロミニピッグの受難
木村カエラ大好き
言葉はさんかくこころは四角
今話題のJAL
★JALOB包囲網
★JAL再建のシナリオを描いたのは誰だ
★ナショナル・フラッグ・キャリアが待機児童対策に本腰、とかね
懐かしい食卓の風景
丸美屋の三色ふりかけ
ある文化論?
タモリは重松清が嫌い?
映画「風が強く吹いている」
和久井映見を探せ!
最近、やたら連発されるいやーな言葉
一丁目一番地の見える化
NEC矢野社長、すいません
NEC本社に夜討ち朝駆けが始まった

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。