コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

Metライブビューイングに学ぼうではないか

プレゼン つかみネタ帳045

【ネタもと】Metライブビューイング、ガイド役が必ず「お近くの劇場へ」とコメントすること
【使用場面】市場での競合状況を語る時
【言いたいこと】独り勝ち、なんてあり得ない
【賞味期限】Metライブビューイングが上映される限りはOKですが…

【ネタ例】
市場での競合状況については以上のとおりです。当社のほかA社、B社およびC社をあわせた4社で市場をリードしていますが、まだまだ市場としては未成熟であり、競合よりも市場そのものが安定的に拡大するための施策が必要不可欠と思われます。

市場が未成熟、心掛けなければならないのは競合他社の排除ではなく、市場認知のためのあらゆる努力であること、これはもはや釈迦に説法だと思います。しかし、縮小均衡状況になった際にも、この黄金律を守る力量、太っ腹、覚悟が果たして我々にあるでしょうか。そこのところを今一度討議させていただきたいと思います。

市場での競合が激しければ激しいほど、できれば競合他社を排除し独り勝ちしたい、そう考えるのは人情です。ですがそれはあくまで人情であって、合理的な経済人といえないことはご理解のことと思います。市場はそんなに甘くない。消費者は我々よりよっぽどあらゆる角度から商品やサービスを研究検討し採否を決めています。数多くのメーカーが競って市場にその価値を問い続ける、だからこそ市場は安心してその商品やサービスを求め続ける。もし、一社が独占的にサービスの供給を始めると、そもそもそのサービスは必要なのか?というふうに、逆に根源的な後戻りの自問を始めてしまう。リーディングカンパニーたる者、常に市場の安定的な成長に気配りをしなければならないのはそういう理由からです。

ところが、日本はダメですねぇ。どうも独り勝ちしようとする。どこぞの社長じゃないですが、平気で「他社は追いつけないでしょ」などとコメントする。これは市場を甘く見ているんですね。我が社だけが最高のサービスを提供しているんだから市場は我が社だけを評価し続けるに違いないと。

違います。それは。この瞬間はそうでも、時間の経過とともに市場の民意は離れてしまう。カリスマ性の高い経営者がいる限りは安泰かもしれませんが、その次はもうわからない。それほど市場は移り気で気儘で偏屈なものなのです。飽きっぽくて、ひとつところに安定的な満足をしない。

では、何をすればいいでしょうか。

参考になるかどうかわかりませんが、私の個人的な関心でいいますと、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場のこの数年の動きは参考になる。

Metは4年前から「Metライブビューイング」という、まぁオペラなんだか映像芸術なんだかわからないものを提供しています。評価はそれぞれある。昔からのオペラファンに聞くと、評価はボロボロだったりする。「あれのこと?あれはDVDを映画館で観てるだけでしょ?」

しかし、私はMetのスタンスは素晴らしいと思う。今、この瞬間はMetには金も集まるし、集客もできる。でもあと数年先はわからない。ゲオルギューが50歳になったら、ネトレプコがまた子どもを産んだら、ガランチャがもういやだ、と言い出したらどうなるだろうか、そんな自分の都合だけでライブビューイングやっているわけではないんです。

Metライブビューイングでは必ず「お気楽に観られる映画館でのオペラもいいけど、たまには近くの劇場でホンモノ観てね」という。Metに来い、とも言うけど、必ず「お近くの劇場」といいます。オペラ観てくれれば、周り回って、Metも潤うんだという謙虚さがちゃんとある。そういうセリフをフレミングのようなトップディーヴァにもちゃんと語らせる。

我が社のあらゆる事業領域でトップをひた走る企業がそういう姿勢を持ち続けていますかねぇ。市場の身内で談合はしても、外に向かって、そういうメッセージを発信してますかねぇ。

すいません、また話が1000倍も大きくなってしまいました。まずは我が社のことでしたね。

そうなんです。ですから、市場での競合において我が社は決して他社に劣後することはない、安定的な比較第一位であり続けていますが、私たちには市場を育むという責任があることを、ここでもう一度確認しておきたいと思います。。
スポンサーサイト

テーマ : こいつは使えるぞ
ジャンル : ビジネス

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
リンク
プロフィール

エンデーザ

Author:エンデーザ

エンディングデザイン(エンデザ)社はあなたの歴史を形にする事、自分自身を表現することをお手伝いします。
社内外プレゼンコンペ、面接プレゼンなどでお悩みなら、ちょっとしたヒントがここにあるかも?


検索エンジンヒット中の記事

最後は正義だ!
エコカー減税の抜け道なんてカッコ悪いっしょ
新国立劇場讃歌
ヴォツェック
朝刊全面広告の美:チャン・ツィイーと小雪
深遠なる美:チャン・ツィイー
小雪の背中
ペット大好き
マイクロミニピッグの受難
木村カエラ大好き
言葉はさんかくこころは四角
今話題のJAL
★JALOB包囲網
★JAL再建のシナリオを描いたのは誰だ
★ナショナル・フラッグ・キャリアが待機児童対策に本腰、とかね
懐かしい食卓の風景
丸美屋の三色ふりかけ
ある文化論?
タモリは重松清が嫌い?
映画「風が強く吹いている」
和久井映見を探せ!
最近、やたら連発されるいやーな言葉
一丁目一番地の見える化
NEC矢野社長、すいません
NEC本社に夜討ち朝駆けが始まった

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。