コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「おくりびと」にみる団塊ビジネスの最終形

昨晩、地上波でも「おくりびと」が放映された。オスカー受賞したくらいだから名作なんだと思うけど、僕にはこの作品を観るたびに「いよいよだな」という別の感慨がふつふつとわき上がる。

戦後の日本経済を支えたのは間違いなく「団塊の世代」である。彼らが生まれた落ちた瞬間から、日本経済は彼らの周囲をぐるぐるまわっているに過ぎない。

その彼らが60歳になった。自らの子どもすらあまりかえりみることのなかった元祖わがまま世代は、日本の富を自らに偏在させ、かえって年金問題なんかで困るという皮肉な結果に苦しんでいる。しかし、彼らが直面する本当の難題はその次にある。

彼らは自分の死をこれまでの日本社会の世俗的風習の延長線上で考えることができなくなっている。なぜなら、彼らは旧来の地縁社会を自ら率先して分断し、個々をバラバラに切り離してしまったからだ。もちろん、それは彼ら自らが好んでやったことではないだろうが、結果としてそうしてしまった。だから、彼らは彼ら自身で人生の最終的な決着をつけなければならなくなっている。寄るべき地域社会は死滅しまったのだ。

この不安は彼らが50歳を過ぎるころから少しずつ広まり始めた。ただ、この10年間に先行した現象としては「墓地の購入」と「医療保険の購入」に顕著であるにすぎない。「死」は意識されはじめたが、抽象的な「死後の世界」と現実的な「死に至る前の状況」に対する関心に過ぎず、「死」そのものの意味を問うものにはなっていない。50歳代の彼らにはまだまだ「死」は遠すぎたのだ。

だが、彼らも60歳になった。「死」そのものの意味を問わずにはいられなくなりつつある。「死」は全ての終わりなのかどうかというとてつもなく重いテーマである。

映画のワンシーン。夫の仕事が納棺師と知った妻広末が激しく夫を詰るシーン。

「触らないで、穢らわしい」

団塊の世代は、これまで「死」を「穢れ」として忌み避けてきた自分自身をそこに発見し、その忌むべき「死」の当事者に今まさに自分自身がならんとしている、この現実に気付き慄く。わが世の春を謳歌し続けた世代が、人生の最後に到達する「忌むべき存在」である自分自身に気付く瞬間である。

彼らはそれを座して受け入れる世代ではない。おそらく信じられないパワーを発揮し、依るべき新たな価値を見出すであろう。この映画は彼らにそのきっかけを提供した。だからこれだけの共感をもって迎えられたのである。

この「おくりびと」をスタートラインとして、日本経済はついに団塊の世代の「死」を正面から捉えるビジネストレンドに足を突っ込む。だがこれは団塊の世代だけをマークしておけばそこそこに商売が成り立ったビジネストレンドがまもなく終焉するということでもある。その次を用意してこなかった日本人全体がつけを払わされるのはこの次である。

だが、まだ20年の時間は残されている。この20年間は彼らと一緒に日本人が「死」を考え直す最後の時間であり、その次を準備する貴重な時間でもある。
スポンサーサイト

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
リンク
プロフィール

エンデーザ

Author:エンデーザ

エンディングデザイン(エンデザ)社はあなたの歴史を形にする事、自分自身を表現することをお手伝いします。
社内外プレゼンコンペ、面接プレゼンなどでお悩みなら、ちょっとしたヒントがここにあるかも?


検索エンジンヒット中の記事

最後は正義だ!
エコカー減税の抜け道なんてカッコ悪いっしょ
新国立劇場讃歌
ヴォツェック
朝刊全面広告の美:チャン・ツィイーと小雪
深遠なる美:チャン・ツィイー
小雪の背中
ペット大好き
マイクロミニピッグの受難
木村カエラ大好き
言葉はさんかくこころは四角
今話題のJAL
★JALOB包囲網
★JAL再建のシナリオを描いたのは誰だ
★ナショナル・フラッグ・キャリアが待機児童対策に本腰、とかね
懐かしい食卓の風景
丸美屋の三色ふりかけ
ある文化論?
タモリは重松清が嫌い?
映画「風が強く吹いている」
和久井映見を探せ!
最近、やたら連発されるいやーな言葉
一丁目一番地の見える化
NEC矢野社長、すいません
NEC本社に夜討ち朝駆けが始まった

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。