コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

介護ビジネスのメインターゲット

「介護ビジネス」という言葉自体が不謹慎、不穏当かもしれないが、朝刊に介護施設のPR記事が載らない朝はないといっていいくらだから、一大ビジネスであることに違いはないだろう。

ただ、これらの広告記事を観ていると、一体このビジネスは誰がメインターゲットなんだろうか、と思ってしまう。今、まさに介護施設に入ろうとしている70歳代後半の世代が中心?それとも、これから先10~15年先を考え始めた団塊の世代がメイン?

実をいうと、ここには大きな分水嶺があって、ひとくちに「お年寄り」で括ってはならない意識の断層があると思われる。

戦前戦中派、つまり昭和15年生まれくらいまでは、戦争の実体験があり、少なくとも最初の公教育を明治文化の中で経験していて、「人さまの世話になること」に対する根本的な「恥」の文化が色濃く、さらに「贅沢」に対する後ろめたさから抜けきらない。誰かの世話になることを嫌がる感情は、「金」の問題とは切り離されていることが多く、できれば、自分の身の回りくらいは自分でするべきとの心底思っている。だから、介護施設の快適さは彼や彼女を落ち着かない気持ちにさせるだけであり、おそらく、本心ではさぞかし居心地が悪いんだろうなと想像している。だから、快適な環境や振り撒かれる笑顔を記事で発見しても、どこか絵空事に感じていて触手が動かない。むしろ、質素な環境でも、できるだけ自分のことは自分でやれるという印象を与えることの方が重要だ。

他方、昭和15年以降の公教育を昭和世代のものしか知らない世代になるとがらりと様相が変わる。介護施設で暮らすかどうかは個人の尊厳にかかわる重要事であり、快適性と自分らしさが最期の瞬間にまで実現できるかどうかが主な関心になる。コンシェルジュのように自分に傅く職員がいる方がいいに決まっているし、もちろん自分の身の回りは自分で出来る範囲のことをやるが、それは自分が好きでやっているにすぎないから、できなくなって人の手を借りて何が悪い、そのための費用もちゃんと負担しているじゃないか、というふうに論が展開する。

さよう、「お年寄り」はもはやひと括りにできないのだ。

では改めて介護施設のPR記事を眺めてみよう。団塊の世代向けには良さそうな言葉が並ぶ。が、その上の介護顕在層に果たして響くものが多いと言えるか?

つまり、介護ビジネスも団塊ビジネスである、ということなのだ。だから、この層がニーズを顕在化させるまであと10年、業界は我慢しなきゃならない、ということだ。。
スポンサーサイト

テーマ : ビジネスブログ
ジャンル : ビジネス

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
リンク
プロフィール

エンデーザ

Author:エンデーザ

エンディングデザイン(エンデザ)社はあなたの歴史を形にする事、自分自身を表現することをお手伝いします。
社内外プレゼンコンペ、面接プレゼンなどでお悩みなら、ちょっとしたヒントがここにあるかも?


検索エンジンヒット中の記事

最後は正義だ!
エコカー減税の抜け道なんてカッコ悪いっしょ
新国立劇場讃歌
ヴォツェック
朝刊全面広告の美:チャン・ツィイーと小雪
深遠なる美:チャン・ツィイー
小雪の背中
ペット大好き
マイクロミニピッグの受難
木村カエラ大好き
言葉はさんかくこころは四角
今話題のJAL
★JALOB包囲網
★JAL再建のシナリオを描いたのは誰だ
★ナショナル・フラッグ・キャリアが待機児童対策に本腰、とかね
懐かしい食卓の風景
丸美屋の三色ふりかけ
ある文化論?
タモリは重松清が嫌い?
映画「風が強く吹いている」
和久井映見を探せ!
最近、やたら連発されるいやーな言葉
一丁目一番地の見える化
NEC矢野社長、すいません
NEC本社に夜討ち朝駆けが始まった

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。